デリヘル店では面接膣口を広げた瞬間

勃起してしまうほど東京都歌舞伎町新宿

誰も出歩かないような深夜に、スカートをノーパンではいて公園へ出かけました。
蛇口にはコンドームをかぶせて、少しローションを使用して、少し無理な体制で入れると、あまりの興奮で、数回のピストンで達してしまいました。それからは家の中で、何か入れるだけではなく、外でも何かいれれそうなものはないか、探すようになりました。こんな変態女何ですが、未だに男性経験はないのです。。。
テンションの上がったカップルがラブホで拘束電マプレイする話ラブホにきてテンションが上がっていた私たちは、いつもより、興奮したセックスをした。
|無事に一回目が終わって休題していると、その部屋には、手錠や目隠しなど軽いSMプレイを楽しめる小道具が充実して彼氏もテンションが上がっていたので、使ってみたいということになり、私は両手両足をベッドの四隅にある金具に手錠で拘束され、身動きが取れないようにされた。この高速具が以外にしっかりしていて、体をくねらすぐらいならできるのだけれど、自立で抜け出すのはかなり難しそうだった。そしてアイマスをされ視界がふさがれた。今まであまり自分のことをMと思ったことはなく、普段のエッチでもどちらかといえば彼氏のことを私が攻めることが多かったのだが、拘束された自分に興奮し鼓動が早くなるのを感じた。これから何をされるのかとドキドキしていると、ブーンと電マの音がして、私の股間に当てられる。
強めの振動が気持ち良い快感をあたえてくるのだが、あたる場所がクリの部分になり、そのふれるかふれないかという微妙なところでキープされ、一気にイッてしまったのだが調子に乗った彼氏が、度イッて敏感になっている私にさらに刺激をあたえてくる、最初の方は少し痛いぐらいだったのだが、すぐに今まで感じたことのない、快感が体の奥からつきあがってきて一度目よりも大きく体をビクビクさせながらイッた。そうなってスイッチが入ったように、その後も執勘に電マでクリを中心に攻められ、短時間で数えきれないほど連続でいくことになり、ベッドの上をべチャベチャにしてしまった。イキすぎてぐったりしている私に、彼氏が挿入して腰を振るのだが、それまでの刺激が強すぎて、ほとんど無反応だった。彼氏は、そんな私を犯すことに興奮したらしい。最高に気持ちはよかったのだが、疲れて次の日は立つのもしんどくかった。

部室でヤンキーにすすめられ童貞卒業のチャンスがきたのにはたせなかった話学生の時、野球部の部室がヤンキーたちのたまり場みたいになっていた。俺も野球部に所属していたのだか、どちらかといえば、部活をサボり、部室でグダグダしているヤンキーグループよりは、真面目に野球をやる少数派に属していた。
ただ、ヤンキーグループのボス的な雄二とは小さい頃から友達だったので、居心地は別に悪くなかった。その日も練習を終え、サボっていたヤンキーグループがいる部室へ戻ると、いつもと雰囲気が違い、中から女の端ぎき声が前々から、部室で、雄二たちが女の子を回しているという噂は聞いてはいたが実際に行われているところに立ち合うのははじめてだった。雄二に誘われ、俺だけ部室の中に招き入れられると、誰かはわからなかったが自分の学校の女の子がヤンキーグループにやられている最中だった。脱がされた制服から、自分らの学校の生徒ということはわかったが知らない娘だったのでおそらく学年の違う後輩なのだ女は、散々犯されているのか、すでに抵抗する事もなく、力なく開かれたマンコはパックリと穴を開けていた。特別かわいい娘ではなかったが、はじめてみる生の女の裸と女性器に練習で疲れていた体なの股間はユニホームの中でみるみる元気になっていった。11「こいつ、犯っても全然問題ないから、今からいっばつどうよ」そういわれ、童貞卒業のチャンスを思い、ギャラリーにみられながらやるのに抵抗はあったが、このチャンスを逃してはならないという気持ちの方が大きくて、勢いょく、ユニホームを脱いで下半身を露出させた。
拘束された裸の女性もらったコンドームを装着し、いざ挿入しようと抵抗しない女の子のマンコに俺のいきり立ったブツをあてがった瞬間、無残にも挿入をはたす前にコンドームの中に大量に射精してしまった。。。せっかくの童貞卒業のチャンスだったのに達することができず。さらにこのことがトラウマで、いまだに童貞卒業ができていない。

高級タワーマンションの一室で一カ月、変態プレイをたくさんやりながら生活した話学生のころ短期の高額アルバイトをしたことがある。所属していたモデル事務所の紹介で、夏休みのほぼ一ヶ月まるまるそのバイトをすることになった。そのアルバイトは一日中ほとんど、あるマンションに軟禁されるような形で、生活させられる。マンションは都内の一等地のタワーマンションの高層階の一室で、リビングキッチンの他に二つ部屋のある、いったい、いくらぐらいするのかも想像できないぐらい高そうな部屋だった。マンションの下は商業施設になっており、そこのスーパーや、コンビニを利用する以外は基本的には外出はできない約束だった。
もちろん、こっそり抜け出してもわからないのだろうが、他にいくところもなかったので、ほとんど、部屋でテレビを見るか、ネットや本を読んで過ごした。これだけならほんとに楽で何のバイトわからないぐらいだが、このアルバイトは、いわゆる高級マンションヘルスのようなもので、ほぼ毎日私の部屋にお客がきた。安っぽいマンションヘルスとかとは違って、お金持ちや有名人が遊びにくるのだ。遊びにきた客を私は、部屋で、もてなすのが、客によって過ごし方はまちまちだった。私の作った夕食を一緒に食べて、一緒にお風呂に入って軽くやるだけの客は比較的楽だった。たちが悪いのは部屋に入った瞬間から、命令口調であれこれ指示しながら、一晩中セックスさせられることもあった。
まあ、バイト代も信じられないぐらい高額だったし、変な客じゃなければ、楽だった。その分、変な客はとことんしんどかった。
高いお金をもらっているので客の要望にはできるだけ答えようとがんばったが、男三人で来て一晩中代わる代わる犯され続けた日や、生理中にも関わらず血でベトベトになりながらやられる日は正直少し辞めたくなった。生理の血に興奮する変態が大会社の重役とかひどい世の中だと思った。ここで暮らした一カ月の間にほとんど処女に近かった私が複数プレイやアナルセックス、ベランダでの露出プレイ、風呂場でオシッコのかけ合いなど、様々な変態プレイをやることになった。
かなり稼がせてもらったし、モデルの仕事や就職活動に失敗したら愛人契約もいいかなと思ってしまうような体験だった。
深夜の全裸ドライブ、警官に職務質問される間、真っ裸だった私の話完壁に彼氏に調教されてしまいました。

  • 痴女系のお店に行く
  • プレイはいつもと同じ流れで進んだまず
  • 股間に迫ってきますそして

バイブを自分で遣ってね

もともと、私にはMの気質があったのかもしれませんが、今の彼氏にあってその性癖が開花しました。今の彼氏とは婚活ハーティーで知り合い、二十代の私と四十手前の彼氏とでは年の差はありましたが、同世代の男性にはない落ち着いた雰囲気と、優しさに惹かれ、どんどん親密になりました。デートを重ね、はじめての夜を過ごすのにそんなに時間はかからず、最初は普通のエッチでしたが、カーセックスやべランダでの露出プレイをするようにすぐになりました。
どうやら、私の露出癖を彼は本能的に見抜いていたのかもしれません。最近では、そんな彼氏よく夜のドライブに行くのですが、そのとき私は、裸で、助手席に座ります。
車が少ないので、信号待ちでも、ほとんど、他人にみられることはないのですが、たまに、私に気がついたドライバーから、好奇な目でみられると、頭がジンジンするほど、鼓動が早くなります。信号待ちだけでなく、ドイブスルーへそのまま入り、運転席の彼氏が何食わぬ顔で買い物をする事もあります店員さんも一瞬驚くようですが、すぐに営業スマイルを向けてくれます。一番恥ずかしかったのは、パトカーに職務質問でとめられたら時でした。。
円|深夜に全裸の女性を乗せていたら確かに不審に思われます、事件性がないことを証明するために、警官の前でずっと裸で、私の性癖を説明したのですが、本当に顔から火が出そうなぐらい恥ずかしかったですがしっかり濡れていました。
取引先のお気に入りの女営業に全裸土下座をさせて謝らせる話取引先の営業の女の子がめちゃくちゃ好みだった。すごく長身の彼女が決して大太っているわけではない、そのムチムチの体で、営業にくるとついつい甘い条件を飲むことも多かった。幸い、俺の経営していた会社はうまくいっていて彼女の会会社に少しぐらい得をさせても全然利益がでていた。
彼女の会社も俺のスケベ心を理解していたのか、はじめは彼女専属ではなく、男の上司と来ていたのだが、何回か取引を重ねるうちに彼女が毎回ひとりで来るようになった。スケベ心はあったが決して取引を餌に彼女を抱いてやろうとかそんなことは思ってもいなかった。ただ、ムサい男がくるよりも若く好みの女の子と話ができた方が、どうせ同じような契約をするのであればよかったし、少しセクハラまがいの下ネタなどをいって赤面しながら笑い流してくれるのが楽しかった。そんな、彼女がとんでもない失敗をやってしまって、上司と謝りにきた。もちろん、被害も大きくビジネスなので、可愛がっていた彼女であったが、契約を打ち切ることにした。神妙に頭を下げ帰っていく彼女たちを冷たく追い払ったのだが、しばらくして彼女だけが再度、戻って来た。そしてまた申し訳ありませんでしたと謝るのだ。
デリヘル嬢が来てく
正直、被害も大きかったが、仕事に致命的ではなかったので内心はそんなに怒っていなかったので、いつものセクハラまがいの冗談で「本気で謝るの気があるなら、全裸で土下座でもしてよ」といったのですが彼女はそれを本気にしたのか、それで少しでも許してもらえるならと、上着を脱ぎき、下着も脱いできれいに畳むとまさかの全裸土下座。あまりの脱ぎつぷりに冗談とも言えずただただ言葉を失って見入っていた。若い彼女のピチピチの肌と上下黒の折り畳まれた下着がエロかった。私が何も言わないと、ほんとにずっと土下座のままでいそうだったので、もういいよといって服を着せた。
こんなところを他の従業員にみられたら、どんな風にいわれるか。。。そんなこともあり、彼女の会社とは今でも取引があり、彼女も会社ではなかなかのやり手に成長したようだ。まあ、全裸土下座ができるほどの女性なのだから怖いモノなしだろう。あのまま押し倒せたかなとも思うが、俺にはそんな勇気はない。彼女とたまにあうとあの時の全裸土下座を思い出し、年甲斐もなく般間が元気になる。
早漏な俺のチンコの根元を縛って、射精しても小さくならないようにしてやり続ける話俺と香奈恵は付き合いだして三カ月、すでにもう何度もセックスをする仲になっていたのだが少々問題があった。俺が極度の早漏だったのだ。そのことが、経験豊富な香奈恵には物足りないようだった。彼女の提案で俺のチンコの根元を髪留め用のゴムでキツく締められた。
香奈恵がいうにはこれで射精してもチンコが小さくならいらしい。
根元を締め付けられたら俺のチンコはすでにマックス状態に成長しており、さっそくこのま濡れ濡れのマンコへ挿入した。まあ、当たり前なのだが、ものの数秒で射精感が高まり、彼女に悪いと思いつつも、すぐにイッてしまったのだが、根元締め付けられているためにいつもとは違った。何が違うのかというと、確かに射精をした感覚はあるのだが、尿道を抜ける快感が得られないのだ。射精はして、多少の満足感はあるのだが、突き抜けるような快感はおあずけされているようなもどかしい感じなのだ。一向にチンコしぼむ気配がない。それどころか、今までにないぐらい大きく膨張しているのである。彼女は得意げに、まだ、大丈夫でしょそういうと騎乗位になってしぼむ気配のないチンコをその腔圧でさらに絞りあげようとしてくる。
射精こそしていないものの、イッたあとのような敏感になっている亀頭を責められるので、頭がクラクラするような快感と、止めてほしいような激しい刺激が続けられ、再度、精液の出ない射精が行われた。しかし、やはりいつもの飛び出す射精感とは異なり、悶々とした快感が続けられ、このような射精が何回か繰り返された。俺のチンコは少し青紫に充血していた。そして、香奈恵の方も、セックスに満足感したのか、「そろそろ、ゴムとってあげるね」
そういって根元を締めつけていた髪留めを外し、激しくテコキされると、今までせき止められていた精液が一気に尿道を駆け上がり、信じられないぐらい長い射精が続いた。多分体に悪いのだろうが、この刺激が忘れられず、セックスの時にチンコを締めつけてるのが定番になった。このセックスをしたあとは、激しい疲労感におそわれほんとに立てないぐノタクタになるのが、おあずけされた後に許される止まらない射精はほんとヤバい。
体操着の匂いを唄いでいるのがバレて公開オナニーをさせられる話中学時代、誰もいない放課後の教室でに置いてあった女子の体操着を見つけた。普段は、持ち帰る体操着を教室に忘れていったようだった。私はその体操着がクラスでも美人の鈴木さんのものだとわかり、出来心でそれの匂いを喚いだ。
舌をくちゅくちゅぬるぬる絡ませてきてその時点でちんぽはフル勃起

手コキでい聞かせて

その日の体育の授業でつかわれた体操着は汗で少し湿っていたが、若い女の子の匂いは決して嫌なものではなく、あまく、ずっと唄いでいたいような、甘美なものだった。
私の地獄は、この瞬間をクラスメイトにみられたらことだった。私のこの姿をみたクラスメイトは三人、教室に戻って来た鈴木さんと、その友達二人だった。変態なところを見られた私は一気に血の気がひきこの後なんと言い訳しようとか、親や、先生にバレたらどうしょようと鈴木さんに変態と罵られながらもとにかく謝り倒しました。そして、親や先生に内緒にしてもらう代わりに、彼女たち三人に私のオナニーを見せることになったのです。若い男である私が、性的なものに興味を抱くように彼女らも性的な興味があったのでしょう。人前でオナニーなどしたこともなく、クラスメイトに見られながらやることはイヤでしたが、変態というレッテルを貼られ残りの学生生活を送ることを考えると選択の余地はありませんでした。私たち四人は人の来ない空き教室へ移動すると、私は思いきって股間をさらけ出しました。
学校で女の子に見られているという有り得ない状況で興奮した私の性器はすでにパンパンに膨れ上がっており、今にも爆発思想でした。鈴木さんに変態だの、粗チンだの罵られましたが、彼女らも食い入るように私の股間をみていました。そして、早く出せといれ、右手で必死に自分でこするのですが、緊張のためかなかなかいけずにいたのですが、少しでもしごくのをやめると三人から罵声を浴びせられるのでしごき続け、数分後に見られながらいってしまいました。
床にはたっぷり精液が飛び散り、独特の臭いが立ち込めました。彼女らに罵倒されましたが、満足してもらえるのか体操着の一件はその後、誰にもバレませんでしたが、彼女たちからはずっと変態というあだ名で呼ばれ続けました。卒業して地元を離れるまでいつバラされるのかと思うと毎日が地獄でした。ただ、あのときの射精の快感が悪かったのか、大人になった今では、若い女性にみられるのに興奮する私は、オナクラに足繁く通うあだ名の通り立派な変態になっています。
風俗ビルの秘密の部屋を管理させられ女性の闇を見た話ヤバい先輩のつてで、ある雑居ビルの管理人の仕事をしていました。そのビルは金融会社と風俗店がはいっている訳ありのビルでした。そのビルには昔はシャワー室だったところがあり、ビルの人達はその部屋をレイプ部屋と呼んでました。ビル管理人である私の仕事の一つにその部屋の掃除がありました。その部屋は入居していたテナント全部が共同で使っていて、主な使われ方はお金を返せない女性に一時的に体で利子を払わせる部屋だったのです。
舌をくちゅくちゅぬるぬる絡ませてきてその時点でちんぽはフル勃起

舌をくちゅくちゅぬるぬる絡ませてきてその時点でちんぽはフル勃起

その部屋から出てきた女性は耳まで真っ赤だったり、目が真っ赤だったりしていて、管理人室の前を、女性が通り帰った後は決まって部屋の掃除の依頼の電話がありました。部屋といっても基本はシャワー室で、入り口以外の三方向と天井が鏡張りにしてある以外は、床もタイルで排水溝もあるため比較的掃除はやりやすかったです。シャワー以外には頭の位置に一本頑丈なポールが横に伸びていて、このポールに手を縛って後ろからするのが一般的なようでした。
三面が鏡であるため犯す方も犯される方も、その様子を様々な角度で見ることになります。掃除といってもやることはゴミ箱の中のティッシュペーパーとコンドームを捨てるぐらいがほとんどした。しかし、時には、この部屋大変なことになっていることもありました。アラフォーぐらいの落ち着いた学校の先生の様なとても上品な人が出て行った後、電話があり部屋へ入ると、床にティッシュペーパーとコンドームが散らばったままになっていて、鏡には手の平の跡が沢山あり口紅の跡とよだれがいくつも線を作っていました。ょっぽど激しくやられていたのでしょう。床はおしっこだらけで、バケツの中には濡れた下着と黒のストッキングが捨ててありました。こういう時の戦利品として下着などは私がもらい、自慰のおかずに使わせてもらいました。
この部屋ではアナルセックスも五回に回ぐらいで有るようで、ゴミ箱の中のティッシュペーパーとコンドームに便が付いていることが有ります。
芸能人かというぐらいの美人が、服装を直しながら帰って行った後電話が有り、あんな美人が何回されたのか、興味をもちながら部屋へ入ると、はいった瞬間から、凄い匂いがします、床は大量の便で汚れており、ゴミ箱のなかや床には使用済みのコンドームがいつもの十倍ぐらいの三十個近くも有ったのです。すごい美人だったので、おれもおれもと皆が参加したのでしょう。シャワーヘッドがはずされホースの先に大便が付いていたので、おそらく、シャワーを使って何度も水道で流腸されたみたいです。短時間の間にマンコとアナルの中を何十回も犯されつづけたのでしょう。しかしこんなことをされても普通の顔で帰って行ったあの美人は凄いと思いました。
正直、私もこの輪姦に呼んでいただけたらなと何度も思いましたが、おっかなくて、そんなことは言えず。たまにある戦利品やレイプ後の生々しさの残るこの部屋で、先ほどまで犯されていたであろう女性の顔を思い出しながらひとりでよく抜いていました。


拘束された裸の女性 セックスはそんなに長くない内容も極めて普通セックス 自前の下着やけどうん